【速報】元同級生事情聴取 川崎市の小田急栗平駅近くで男子高校生が刺される #TBSニュース 

刺したのは“元同級生”か 警察が任意で事情聴く 


けさ、川崎市の路上で通学途中の男子高校生が頭を刃物で刺された事件で、警察は元同級生とみられる少年から任意で事情を聴いています。

記者
「こちら神奈川県川崎市の栗平駅近くです。現場は規制線が敷かれていて、物々しい雰囲気となっています」

事件は通学時間帯に起きました。

午前8時すぎ、川崎市麻生区の小田急線栗平駅近くの路上で、駅から通学途中の高校1年の男子生徒(16)が、いきなり後ろから後頭部を刃物で刺されたのです。

記者
「事件はこちらの通学路で起きました。刺された高校生はこちらの十字路で頭を押さえながら立っていたということです」

男子生徒は病院に運ばれましたが命に別状はなく、搬送の際には「痛い」と話していたということです。

目撃者
「(男子生徒は)頭を押さえて、普通に話していた。頭を押さえている子の周りに『大丈夫?』という感じで(生徒たちが)いた」

現場は栗平駅から南に900メートルほどの住宅街でした。

JNNのカメラは、現場に残された犯行に使われたとみられるナイフを捉えていました。太くて黒い柄がついているのが確認できます。

目撃者
「道に包丁が落ちていたのが見えた。刃の長さが15センチ~20センチくらい。普通の包丁ですよ」

その後の捜査関係者への取材で、警察が男子生徒と同じ学校に通っていた“元同級生”とみられる少年から任意で事情を聴いていることが分かりました。

事件を受け、現場近くの学校では授業や部活を中止し、午後1時ごろから集団下校が行われました。

警察は2人の間に何らかのトラブルがあった可能性もあるとみて、傷害や殺人未遂の疑いも視野に調べを進めています。


​​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​​​

【速報】刺された高校生の元同級生とみられる少年が逃走 #ANNニュース #逃走

【速報】刺された高校生の元同級生とみられる少年が逃走

  


 川崎市麻生区で通学途中の男子高校生が後頭部を刺された事件で、現場から逃走したのは元同級生の少年とみられることが分かりました。

 警察などによりますと、6日午前8時半ごろ、川崎市麻生区で「学生が後ろから来た男に後頭部を刺された」と通報がありました。

 警察が現場に駆け付けると、通学途中だった16歳の男子高校生が頭から血を流していて、病院へ搬送されました。

 男子高校生は搬送時に会話ができていて命に別状はないということです。

 また、その後の防犯カメラの捜査などから、逃げた男が少年で、刺された高校生の元同級生とみられることが分かりました。

 警察は関係者から話を聞くなど殺人未遂の疑いも視野に入れて捜査しています。


​​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​​​

静岡 乾燥注意報発表中に密集地で激しい炎 住宅全焼 #ANNニュース #乾燥注意

静岡 乾燥注意報発表中に密集地で激しい炎 住宅全焼

  


 5日夜、静岡県浜松市で住宅が全焼する火事がありました。浜松市ではこの1週間ほとんど雨が降っておらず、5日は明け方から乾燥注意報が出ていました。

 住宅をのみ込むように燃え上がる炎。消火活動が続きますが、火はなかなかおさまりません。

 午後8時ごろ、浜松市中区で「住宅から火が出ている」という通報が住民などから消防に相次ぎました。

 目撃した人:「天井のあたりまで火の柱が出ていて煙が上がっていた」

 この火事で住宅1軒が全焼したほか、隣接する住宅も焼けました。

 全焼した住宅に住む60代くらいの男性は逃げて無事でした。

 現場はJR浜松駅からおよそ500メートルの店舗や住宅が立ち並ぶ場所で、警察と消防が出火原因を調べています。


​​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​​​

【速報】住宅に高齢女性の遺体 #ANNニュース #福島県 #85歳 #強盗殺人 #Yahooニュース

強盗殺人事件で捜査 福島・いわき市


 福島県いわき市の住宅で85歳の女性が血を流して倒れているのが見つかり、警察は強盗殺人事件で捜査を始めました。

 3日午後7時ごろ、いわき市の住宅で、この家に1人で住む85歳の女性が1階の廊下で血を流して倒れて死亡しているのを女性の息子が発見し、通報しました。

 息子は女性が電話に出なかったため家に行ったということです。

 警察によりますと、女性には外傷があり、部屋に荒らされた形跡があったことなどから、警察は強盗殺人事件として捜査しています。


いわき市で強盗殺人事件 85歳女性死亡 頭がい骨骨折、室内荒らされる 福島


3日夜、福島県いわき市の住宅で85歳の女性が出血した状態で死亡しているのが見つかりました。

警察は、現場の状況や司法解剖の結果などから強盗殺人事件と断定し、捜査本部を設置しました。

捜査本部によりますと、3日午後7時ごろ、いわき市勿来町の住宅の廊下で、この家に住む無職の小松ヤス子さん(85)が亡くなっているのを長男(58)が見つけ、119番通報しました。

小松さんはこの家に一人で住んでいて、発見時は1階の玄関近くの廊下に倒れていたということで、遺体には傷があり、出血していたということです。

警察は、4日に行った司法解剖の結果や、現場の状況などから強盗殺人事件と断定しました。午後8時にいわき南警察署に捜査本部を設置して、およそ150人体制で捜査しています。

捜査本部は4日午後10時から会見を行い、詳細を説明しました。

【以下 捜査本部の会見概要】
・小松さんは自宅の廊下でうつぶせに倒れていた。靴ははいておらず、拘束もされていなかった。

・遺体は頭部に複数の外傷があり、出血があった。死因は重症頭部外傷。頭がい骨は骨折していた。死後約1日経過していた。死亡時刻は捜査中で、3日のいずれかの時間。

・室内は物色されていた。被害品は捜査中。全体的に荒らされている。

・鍵は壊されておらず、玄関と勝手口の鍵が開いていた。

・都内の強盗殺人事件との関連は、現時点では確認されていない。

・小松さんと3日に連絡が取れず、心配して夜家を訪れた長男(58)が遺体を発見し「廊下で亡くなっている」と119番通報した。その後、消防が警察に通報した。

・1月にいわき市山田町であった高齢男性殺人事件との関連は、現時点では結びつくような情報はない。

・凶器、足跡は捜査中。


​​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​​​

スシロー 回転寿司の迷惑行為は「一生モノの代償」 #Yahooニュース #スシローを救いたい #スシロー救いたい


レーン上の他人の寿司を食べたり、醤油ボトルの注ぎ口を舐めたり、寿司につばをつけるなど、回転寿司店で、客の迷惑行為を撮影した動画がSNSで拡散を続けている。

被害に遭った「スシロー」では、運営会社が行為の当事者と保護者から直接の謝罪を受けたものの、それを受け入れず、民事・刑事で法的措置をとる考えを表明した。

もしも、損害賠償を求める裁判を起こされた場合、それが億単位・数千万円単位であっても、このような迷惑行為では「自己破産」しても支払いの責任を免れないことがあるという。

バカな行いで一生を棒にふることがあるかもしれず、本当に注意が必要だ。

●断じて許さない…回転寿司大手がこぞって法的措置を検討

「スシロー」だけでなく、同様の迷惑行為が確認された「はま寿司」も警察に被害届を提出し、「くら寿司」でも過去に撮影された動画をめぐって警察に相談するなど、業界をあげて断固として迷惑行為を許さない姿勢がみてとれる。

それもそのはずで、SNSでは「もう回転寿司に行きたくない」などの声も実際に上がっているからだ。スシローでは、醤油差しの交換などの対応に追われ、一時は株価も大きく下落したという。

そのような中、ツイッターでは2月2日に、「自己破産」というワードがトレンド入りした。

裁判で企業から巨額の損害賠償を請求された場合、自己破産しても、支払いを免れないといった趣旨の指摘があったのだ。

企業から裁判を起こされ、億単位、数千万円規模の損害賠償を求められ、その請求が認められた場合に、当事者としては「到底支払うことはできない」こともあるだろう。

そのような場合に、自己破産しても免責されないことはあるのか。債務整理にくわしい冨本和男弁護士が解説する。

●「損害賠償義務」がなくならないケースがある

――自己破産しても損害賠償義務はなくならないのでしょうか。また、どのような場合に免責されないのか教えてください。

たしかに、自己破産しても損害賠償義務がなくならない場合があります。

「免責」とは、破産者の経済的再生を目的として、破産手続の終了後、破産債権についての責任から破産者を免れさせる制度です。

原則として、免責が許可され、その決定が確定すると、破産者は、破産債権について責任を免れます。

しかし、以下の債権については、政策的な理由から例外的に免責されないとされています(破産法253条1項)。これは「非免責債権」といい、次の債権が該当します。

(1)租税等の請求権
(2)破産者が悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償請求権
(3)破産者が故意または重大な過失により加えた人の生命または身体を害する不法行為に基づく損害賠償請求権
(4)破産者が扶養義務者として負担すべき費用に関する請求権
(5)雇用関係に基づく使用人の請求権および使用人の預り金の返還請求権
(6)破産者が知りながら債権者名簿に記載しなかった請求権
(7)罰金等の請求権

●一連の迷惑行為も「免責されない」可能性が大きい

――回転寿司店で迷惑行為に及んだ当事者のようなケースでも、上記のような「非免責債権」とされ、免責されないことはありえますか

上記(2)「破産者が悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償請求権」(破産法253条1項2号)に当たるとして免責されない可能性があります。

道徳的に非難されるべき行為により負担した債務について、免責を認めることは正義に反することから、非免責債権とされているのです。

ここでの「悪意」とは、故意(=わざと)を超えた積極的な害意をいうと解されています。

醤油ボトルを舐めたり、寿司につばをつけ、さらにそうした行為を撮影した動画を面白がってSNS上で流すという行為は、お店に財産的損害を与えることを認識・理解し、積極的にこれを容認しているのが通常であるとして、「悪意」があったと判断される可能性が十分あるのではと考えます。


​​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​​​

スシロー“迷惑動画”対策 メニューは完全注文制へ #ANNニュース #スシロー #スシローを救いたい #スシロー救いたい

スシロー“迷惑動画”対策 メニューは完全注文制へ

   


 相次ぐ迷惑動画の投稿に「スシロー」が対策に乗り出しました。レーンを流れるすしを自由に選ぶのは一時的に封印。完全注文制に変更です。

 スシローは全国の店舗の運営方法を一時的に変更すると発表しました。メニューは完全注文制に切り替わります。

 すしが流れるレーンには注文された商品以外は流れず、代わりに商品の写真広告が流れます。

 食器や調味料などは希望すれば交換でき、客席とレーンの間に順次、アクリル板を設置するとしています。

 同じような被害に遭った北九州市の「資さんうどん」も、とろろ昆布などの無料提供食材を個別包装にして対応するとしています。


​​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​​​

横浜と川口で切りつけ事件 #FNNニュース #横浜 #切りつけ

横浜と川口で切りつけ事件
すれ違いざま…犯人逃走中

  


物々しい雰囲気に包まれた、神奈川・横浜市内の歩道。

1日夜、28歳の男性が何者かに切り付けられた現場です。

この事件のおよそ1時間半前には、40kmほど離れた埼玉・川口市でも同様の切り付け事件が起きていました。

どちらの被害者もすれ違いざまに襲われ、事件直前には、ともに上下黒の服を着た人物を目撃していました。

2つの事件に関連はあるのでしょうか。


​​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​​​

“迷惑動画”SNS拡散に外食チェーン各社「厳正に対処」 #ANNニュース #Yahooニュース #謝罪で済まないだろ #スシロー #迷惑 #賠償命令 #自己破産も無理 #ただ当然

“迷惑動画”SNS拡散に外食チェーン各社「厳正に対処」


 回転寿司チェーンなどでの来店客による迷惑行為の動画がSNSで拡散するトラブルが相次ぐなか、各社は警察に被害届を出すなど厳正に対処する方針を示しました。

 大手回転寿司チェーン「スシロー」の運営会社は1日、岐阜県内の店舗で湯飲みをなめまわして棚に戻したり、しょうゆボトルの注ぎ口をなめたりするなどの迷惑行為をした当事者と保護者が謝罪したことを明らかにしました。

 被害を受けた店舗ですべての湯飲みの洗浄としょうゆボトルの入れ替えを行ったうえで、警察に出した被害届は取り下げない方針です。

 「はま寿司」や「資さんうどん」も迷惑動画の投稿を受けて警察に被害届を出しました。

 「くら寿司」はカメラが客の不正行為を検知した際に従業員に知らせるシステムの改修を進めています。


回転寿司の迷惑行為は「一生モノの代償」

自己破産でも「賠償責任」から逃れられない可能性

レーン上の他人の寿司を食べたり、醤油ボトルの注ぎ口を舐めたり、寿司につばをつけるなど、回転寿司店で、客の迷惑行為を撮影した動画がSNSで拡散を続けている。

被害に遭った「スシロー」では、運営会社が行為の当事者と保護者から直接の謝罪を受けたものの、それを受け入れず、民事・刑事で法的措置をとる考えを表明した。

もしも、損害賠償を求める裁判を起こされた場合、それが億単位・数千万円単位であっても、このような迷惑行為では「自己破産」しても支払いの責任を免れないことがあるという。

バカな行いで一生を棒にふることがあるかもしれず、本当に注意が必要だ。

●断じて許さない…回転寿司大手がこぞって法的措置を検討

「スシロー」だけでなく、同様の迷惑行為が確認された「はま寿司」も警察に被害届を提出し、「くら寿司」でも過去に撮影された動画をめぐって警察に相談するなど、業界をあげて断固として迷惑行為を許さない姿勢がみてとれる。

それもそのはずで、SNSでは「もう回転寿司に行きたくない」などの声も実際に上がっているからだ。スシローでは、醤油差しの交換などの対応に追われ、一時は株価も大きく下落したという。

そのような中、ツイッターでは2月2日に、「自己破産」というワードがトレンド入りした。

裁判で企業から巨額の損害賠償を請求された場合、自己破産しても、支払いを免れないといった趣旨の指摘があったのだ。

企業から裁判を起こされ、億単位、数千万円規模の損害賠償を求められ、その請求が認められた場合に、当事者としては「到底支払うことはできない」こともあるだろう。

そのような場合に、自己破産しても免責されないことはあるのか。債務整理にくわしい冨本和男弁護士が解説する。

●「損害賠償義務」がなくならないケースがある

――自己破産しても損害賠償義務はなくならないのでしょうか。また、どのような場合に免責されないのか教えてください。

たしかに、自己破産しても損害賠償義務がなくならない場合があります。

「免責」とは、破産者の経済的再生を目的として、破産手続の終了後、破産債権についての責任から破産者を免れさせる制度です。

原則として、免責が許可され、その決定が確定すると、破産者は、破産債権について責任を免れます。

しかし、以下の債権については、政策的な理由から例外的に免責されないとされています(破産法253条1項)。これは「非免責債権」といい、次の債権が該当します。

(1)租税等の請求権
(2)破産者が悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償請求権
(3)破産者が故意または重大な過失により加えた人の生命または身体を害する不法行為に基づく損害賠償請求権
(4)破産者が扶養義務者として負担すべき費用に関する請求権
(5)雇用関係に基づく使用人の請求権および使用人の預り金の返還請求権
(6)破産者が知りながら債権者名簿に記載しなかった請求権
(7)罰金等の請求権

●一連の迷惑行為も「免責されない」可能性が大きい

――回転寿司店で迷惑行為に及んだ当事者のようなケースでも、上記のような「非免責債権」とされ、免責されないことはありえますか

上記(2)「破産者が悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償請求権」(破産法253条1項2号)に当たるとして免責されない可能性があります。

道徳的に非難されるべき行為により負担した債務について、免責を認めることは正義に反することから、非免責債権とされているのです。

ここでの「悪意」とは、故意(=わざと)を超えた積極的な害意をいうと解されています。

醤油ボトルを舐めたり、寿司につばをつけ、さらにそうした行為を撮影した動画を面白がってSNS上で流すという行為は、お店に財産的損害を与えることを認識・理解し、積極的にこれを容認しているのが通常であるとして、「悪意」があったと判断される可能性が十分あるのではと考えます。


​​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​​​

“寿司に唾”などスシロー“迷惑”動画で本人と保護者が謝罪 #TBSニュース #Yahooニュース #170億

寿司に唾”などスシロー“迷惑”動画で本人と保護者が謝罪



回転寿司チェーン「スシロー」の店内で迷惑行為を撮影した動画がSNS上に掲載された問題。

本人と保護者が謝罪に訪れました。

拡散された動画には、客が卓上の醤油の注ぎ口を舐めたり、レーン上の寿司を舐めた指で触ったりする様子が映っていました。

スシローの運営会社によりますと、撮影されたのは岐阜県内の店舗で、きのう、迷惑行為を行った当事者と保護者から謝罪を受けたということです。

運営会社は今後、テーブルとレーンの間に皿を取るスペースをあけたアクリル板を設置するとしています。

警察に提出した被害届は取り下げず、引き続き、刑事・民事の両面で対処する方針です。


「スシローペロペロ」事件で株価170億円下落

青汁王子「被害者は株主」厳罰化要求

 青汁王子こと実業家の三崎優太氏が1月31日、自身のツイッターを更新し、「スシローペロペロ事件」について言及した。

 回転ずし大手の「あきんどスシロー」が30日、客が卓上のしょうゆ差しの注ぎ口をなめるなどしていた動画がSNSに掲載されていることが判明したと発表した。動画ではしょうゆ差しの注ぎ口をなめる以外にも、客が未使用の湯飲みをなめ回す、回転レーン上のすしに指でつばを付けるなどの迷惑行為の様子が映っている。スシロー側は「(他の)お客さまとの信頼関係を損なう重大な事案であると受け止めている。刑事民事の両面から厳正に対処する」と法的措置も視野に入れているとしている。

 三崎氏はこの迷惑行為について「人に迷惑をかける炎上行為をもっと厳罰化するべき。」と持論を展開。「回転寿司テロのように、それを見たバカ達が連鎖的に迷惑行為を繰り返す。こういうことをする輩は損害賠償を払う資力もないバカでしょう。だから刑事罰をより厳しくするべきだと思う。」と厳しく処罰するべきとした。

 続けての投稿では「スシローペロペロ事件の一番の被害者は株主だよ。」ときっぱり。「ペロペロテロから一晩で時価総額170億減です、かわいそうすぎる。」と「スシロー」の株価の時価総額が、一時、約170億円ほど下がったことを指摘し、被害が個人の“おふざけ”レベルではすまされないことを強調した。


​​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​​​