作業員1人軽傷 千葉・船橋市

    


 千葉県船橋市でビルの解体現場を囲っていたパネルが崩れました。作業員の男性1人が腕を打撲して搬送されました。

 警察などによりますと、20日午前11時前、船橋市湊町で「解体中のビルを覆うパネルが崩れて落下した」と通報が相次ぎました。

 崩れたパネルは、解体作業のために設置された足場を覆っていたということです。

 作業にあたっていた40代の男性が右腕を打撲して搬送されましたが、程度は軽く、意識はあるということです。

 現場には重機も入り解体が行われていたとみられますが、これまでのところ崩れた原因については分かっていません。

 周辺では、パネルが崩れた時間帯に最大瞬間風速で5.1メートルほどと弱い風が吹いていたということです。

 警察などが経緯を調べています。


​​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​​​