【自宅放火】夫婦が放火の疑いで送検 20歳息子が死亡 和歌山

#和歌山県 #事件 #放火 #日テレ #newszero  #ニュース

和歌山市の自宅に放火し、焼け跡から息子の遺体が見つかった事件で、16日朝、夫の前田翼容疑者(36)と妻の志保容疑者(50)は、放火の疑いで送検されました。

警察によると、14日午後6時ごろ、自宅1階のリビングで金銭や生活態度をめぐり口論になったという2人。すると、志保容疑者が翼容疑者に対し「ポリタンク(の灯油を)まいたるわ」と告げたといいます。しかし、実際にはまこうとせず、その様子を見た翼容疑者がポリタンクの灯油をまき、そこに志保容疑者が火をつけたということです。

志保容疑者に関して、近隣住民は、「警察官か消防が話していたが、奥さん(志保容疑者)の方が『冗談でやった』と言った。『冗談でこんなことやったらダメやないか!』って警察か消防の人に言われていた」といいます。

火事の引き金となった夫婦げんかについて、近所では普段から目撃され、警察沙汰になったこともあるといいます。


​​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​​​