「交際相手に待ち伏せされている」

被害女性が交際相手とのトラブルを警察に相談

福岡市の路上できのう、38歳の会社員の女性が男に刺され殺害された事件です。数か月前、女性が「交際相手に別れを告げたのに待ち伏せされている」と警察に相談していたことがわかりました。

福岡市のJR博多駅前、事件は、人通りが多い通りから少し入ったこの場所で、きのう午後6時すぎに起きました。

福岡県那珂川市に住む会社員・川野美樹さん(38)が、男に包丁のようなもので襲われました。

記者
「博多駅前です。道路には規制線が張られています。このブルーシートの奥では警察が調べを進めているようです」

捜査関係者によりますと、現場近くの防犯カメラには、川野さんと一緒に歩いていた男が突然、川野さんの胸などを刃物で刺し、抵抗できなくなった後も執拗に刺し続ける様子が映っていたということです。

川野さんは病院に運ばれましたが、その後、死亡が確認されました。

川野さんを殺害したのは、30代から50代の男とみられ、刃物を持ったまま現場から逃走、警察が殺人容疑で行方を捜していますが、いまも見つかっていません。

捜査関係者によりますと、川野さんは数か月前、「交際相手に別れを告げたのに何回も電話がかかってきて職場で待ち伏せされている」「携帯を取られて位置情報がわかるようにされている」などと警察に複数回相談していたということです。

川野さんを知る人
「明るくて優しい感じの人でした。何年か前に福岡に引っ越して来られた経緯とか聞いていたので、まさかという感じ。早く捕まってほしいなと思います」

警察は、川野さんと交際をめぐりトラブルになっていた男性が事件に関与した疑いもあるとみて捜査をしています。


​​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​​​