板橋区・高島平署のトイレで倒れていたのを同僚が発見

東京・板橋区の警視庁高島平署のトイレで40歳の男性警察官が頭から血を流して倒れているのが見つかり、その後、死亡しました。拳銃で自殺を図ったとみられています。

きょう午前6時50分ごろ、板橋区の警視庁高島平署の5階の男性用トイレの中で地域課の小林孝博巡査部長(40)が頭から血を流して倒れているのを同僚の警察官が発見しました。小林巡査部長は病院に運ばれましたが、その後、死亡が確認されました。

警視庁によりますと、小林巡査部長の近くには、銃弾1発が発射された拳銃が落ちていたということです。

遺書は見つかっていないということですが、警視庁は小林巡査部長が自殺を図ったとみていて、「拳銃使用による自殺容疑事案が発生したことは、誠に遺憾です。事実関係を明らかにし、再発防止に努めてまいりたい」とコメントしています。


​​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​​​