今月15日で7年

 長野県軽井沢町でスキーバスが道路脇に転落し、15人が亡くなった事故から今月15日で7年です。

 2016年1月15日、東京を出発したスキーツアーバスが国道18号碓井バイパスの道路脇に転落し、大学生や運転手など合わせて15人が死亡しました。

 今月15日午前5時前、スキーバス運行会社の社長が軽井沢町の事故現場に設けられた慰霊碑に花を手向けました。

 バス運行会社「イーエスピー」・高橋美作社長:「(犠牲者の)ご冥福をお祈り申し上げた。そして、心からの謝罪をさせて頂いた」

 高橋社長と元社員の2人は業務上過失致死傷の罪で起訴されていて、6月に長野地裁で判決があります。

 現場では今月15日午後、遺族や関係者が安全を誓う集いを予定しています。


​​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​​​