広島拘置所で収容中

 2009年に発生した鳥取県連続不審死事件で、強盗殺人などの罪で死刑が確定し、広島拘置所に収容中だった上田美由紀死刑囚(49)が死亡したことが分かりました。

 元スナック従業員・上田美由紀死刑囚は2009年、鳥取県で矢部和実さん(当時47)と円山秀樹さん(当時57)に睡眠導入剤を飲ませて溺死させた罪などに問われ、2017年に死刑が確定しました。

 法務省によりますと、上田死刑囚は広島拘置所に収容されていましたが、今月14日に死亡したことが分かりました。

 死因は窒息死だということです。

鳥取連続不審死事件

上田美由紀死刑囚(49)は、鳥取県で2009年に知人男性2人を借金の返済から逃れるため睡眠薬を飲ませたうえ、海や川で溺死させたなどとして強盗殺人の罪などに問われ、2017年に死刑が確定していました。


法務省によりますと、上田死刑囚はきのう午後4時過ぎ、収容先の広島拘置所の居室で食べ物をのどに詰まらせむせた後、倒れたということです。

職員が口から食べ物を取り除くなどしたものの意識がなく、救急車で外部の病院に搬送されましたが、およそ2時間後、死亡が確認されました。

死因は窒息でした。 遺書などは見つかっていないということで、法務省は、自殺ではなくのどに食べ物を詰まらせたことが原因とみています。


​​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​​​