灯油まき火つけたか 息子とみられる男性の遺体発見

14日夕方、和歌山市で住宅が全焼する火事があり、焼け跡から男性1人が遺体で見つかりました。警察は、この家に住む夫婦2人を放火の疑いで逮捕しました。

放火容疑で逮捕されたのは、全焼した家に住む、いずれもパート従業員の前田翼容疑者(36)と志保容疑者(50)です。

警察によりますと、14日午後6時ごろ、和歌山市大谷にある自宅1階のリビングで、生活態度などをめぐり夫婦で口論になった末、翼容疑者がポリタンクに入れていた灯油をまいたところに、志保容疑者が火をつけ、住宅を全焼させた疑いです。2人は容疑を認めています。

この火事で、2階にいた夫婦の息子で成人とみられる男性が死亡していて、警察は、身元の確認を進めるとともに、殺人の疑いも視野に入れて当時の状況を詳しく調べています。


​​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​​​