菅前総理が“苦言”…永田町ザワつく

 「総理でありながら派閥の会長を続けるのはいかがなものか」と、菅前総理が岸田総理大臣に苦言を呈しました。

 菅義偉前総理大臣:「総理大臣とは国民全体の先頭に立って汗を流す立場にあると考えている。ですから、歴代総理大臣の多くの政治家は派閥から出て総理大臣を務めていたのではないか」

 10日に突如、上がった岸田総理への批判。11日、永田町では波紋が広がりました。

 自民党・世耕参院幹事長:「岸田総理が何か派閥色を露骨に出して仕事・決定をしたことは全くなかった。派閥は離脱して総理・総裁を務めるというのがある意味、安倍総理までの慣例であったわけでありますから、これは岸田総理自身が良く判断をされればいいのではないかと思う」

 自民党だけでなく、野党にも反応が…。

 立憲民主党・安住国対委員長:「(菅前総理は)感覚として私は正しいと思っている。やはり色々な意味で自民党内に不満がたまっている証拠なのかと思う」

 「政治家は派閥の意向を優先すべきではない」と強調した菅前総理。

 菅義偉前総理大臣:「今の状況というのは国民の声が政治になかなか届きにくくなっているのかなと、そういう懸念を感じています」

 菅前総理による岸田批判。永田町では「なぜ?」ではなく、「ついに…」という感じのようです。

 テレビ朝日政治部・千々岩森生デスク:「実はこれまで、もし“岸田おろし”が起きるなら、その中心になるのは岸田総理と距離を取ってきた菅前総理になるだろうと、ずっとみられてきた。ですから今回の発言を受けて菅前総理が動くのか動かないのか、永田町は早速ざわついています」

 自民党幹部:「これは明らかに岸田さん批判でしょ。菅さんはのろしを上げた感じだよね」


​​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​​​