“サッカーの王様”

“サッカーの王様”で知られる元ブラジル代表のペレさんが亡くなりました。82歳でした。

ペレさんこと、エドソン・アランテス・ド・ナシメントさんは去年9月に大腸がんを公表し、入退院を繰り返しながら自宅で療養生活を送っていました。

先月末、定期治療を目的にサンパウロ市内の病院に入院していましたが、病院によりますと、29日午後3時27分に大腸がんが原因による多臓器不全で亡くなったということです。

ペレさんは15歳の時にブラジルの名門サントスでプロデビュー。通算1281ゴールを決めたほか、ワールドカップでブラジルを3度の優勝に導きました。

​​​CMアカウント

​​​​​​


​​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​​​