可燃性ガス検出 死亡1人 意識不明1人 東京・江戸川区の工事現場

東京・江戸川区の水道施設の工事現場で爆発があり、マンホール内にいた作業員1人が死亡、1人が重体となっている事故。現場から最新情報です。

事故が起こったマンホールがある場所から南に40メートル離れた場所にいます。マンホールは今、画面に奥に映っているクレーン車のあたりです。午後5時すぎに男性作業員の方が救出されましたが、午後6時半ごろまで警察と消防の出入りが激しく、ものものしい雰囲気でした。

東京消防庁などによりますと、午前11時すぎ、東京・江戸川区船堀の東京都水道局の施設の工事現場で「何かが爆発した」と119番通報がありました。

東京都水道局などによりますと、排水関連施設のマンホール内、深さおよそ24メートルの地点で男性作業員2人がはしごの交換作業をしていたということです。

2人のうち、50代の男性作業員が搬送先の病院で死亡が確認され、別の30代の男性作業員もマンホール内に閉じ込められ、午後5時すぎに救助されましたが意識不明の重体です。

現場からは可燃性ガスが検出されたということで、警視庁などが爆発の原因を調べています。

​​​CMアカウント

​​​​​​


​​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​​​