山梨県の中央道・笹子トンネルで9人が亡くなった事故から10年となる2日、現場付近で慰霊式が行われ、遺族は私たちが死ぬまでに原因を知りたいと訴えました。

 2012年12月2日午前8時すぎ、山梨県の中央道上りの笹子トンネル内で天井板が崩落し、走行中の車に乗っていた男女9人が死亡しました。

 事故から10年、遺族は中日本高速道路に対し、事故の原因究明を求め続けています。

 娘を亡くした、石川信一さん:「尊い私たちの娘や息子、親が命を奪われた原因を私たちが死ぬまでに知りたいんです」

 事故を巡っては、2015年に笹子トンネルを管理する中日本高速の管理義務違反を認める判決が出ています。

​​​CMアカウント

​​​​​​


​​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​​​