​懇親会で女性に…暴力も ​

税金の徴収などを行う税務署。
その幹部のとんでもない言動が明らかになった。

酒の席で同席した女性に「殺すぞ」、「アホとちがうか」と暴言を吐いたうえ、暴力も振るっていた。

問題の行動をしていたのは、奈良税務署の副署長を務めていた50代の男性職員。

暴言や暴力行為は2022年9月、奈良市内で開かれた民間の団体と奈良税務署との懇親会で起きた。

日本酒の冷酒を相当な量飲んでいたという男性。

そして、40分ほどがたったころ、隣の席に座っていた団体の女性役員にからみだす。

机を何度もたたきながら、浴びせたのは「殺すぞ」、「アホとちがうか」、「追放する」といった言葉だった。

そしてついには、女性の背中や肩を複数回平手でたたく暴力行為に及んだ。

けがはなかったものの、精神的に大きなショックを受けたとして、女性は翌日、奈良税務署の監督官庁である国税局に報告。

国税局側は男性を異動させ、3カ月間の減給処分にした。

女性が所属する団体に対しては、仕事上、不満を抱いていていたとされる男性。

トラブルについては、「酒に酔っていて、まったく覚えていない」としている。

そのうえで、「税務行政に対する信頼を大きく損なう行為だった」と深く反省しているという。

​​​CMアカウント

​​​​​​


​​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​​​