​検察側「全国で乱暴狼藉」「更生期待できない」​

・なんでマスクしないことが問題になっていると思ってんだ
・テメーの信念貫くのに他人ケガさせ、何人もの足止めは罪だ

 飛行機の中でマスクの着用を拒否し、トラブルを起こしていた36歳の男に対して、検察側は懲役4年を求刑しました。

■初公判前に取材 被告「責任が重いものだと」

 奥野淳也被告:「(Q.今からインタビューしますので、マスクは着けてもらえますか?)マスクはできませんので…すみません」

 今年5月、初公判直前の奥野被告を取材した時の映像です。

 奥野被告はおととし9月、飛行機内で求められたマスクの着用を拒否。そのうえで、大声を出し、客室乗務員にけがをさせ、飛行機を緊急着陸させたなどの罪に問われています。

 奥野被告:「マスク拒否事件が裁判の場、司法の場で争われるのは、私自身、責任が重いものだと思っております」

■“懲役4年”求刑 検察側「更生期待できない」

 今月26日、大阪地裁で開かれた裁判で、検察側は強く非難しました。

 検察側:「マスク不着用に名を借りて、他者の正当な権利利益を侵害してでも我欲を押し通そうとし、日本各地で乱暴狼藉(ろうぜき)に及び、緊急着陸させるまでしたという極めて悪質な事案」

 さらに、動機に酌量の余地はないと厳しい姿勢をみせ、懲役4年を求刑しました。

 検察側:「反省の情は全く見られず、自発的な社会内における更生は期待できない。矯正施設における徹底した矯正教育を行う必要がある」

■「着用しないと非国民」 被告は“無罪主張”

 一方の奥野被告は、初公判から一貫して無罪を主張しています。

 奥野被告:「起訴内容については無罪であると申し上げます」

 26日も「健康上の理由からマスクはできない」と訴えつつ、裁判長や傍聴席に1枚の絵を示しました。

 奥野被告:「ルビンのつぼといいます。これは一つのつぼでしょうか。それとも、見つめ合う2人の人でしょうか。人間は先入観をもって物を見れば、固定観念に捉われてしまいます」

 こう、独自の主張を展開しました。さらに…。

 奥野被告:「マスクを着用していないと、この国では非国民になる。人権すら与えられないと感じました。暴走する正義感は時として、異質な他者に対する排除を生みます」

■“懲役4年”求刑…専門家「かなり重い」

 マスク着用が発端となって起きた事件で、検察側が示した「懲役4年」の求刑。専門家は、次のように話します。

 元東京地検特捜部・若狭勝弁護士:「普通は判決が3年以下でないと、執行猶予は付けられないですが。ですから、検察が4年を求刑する場合は、裁判所に対して『これは実刑にして下さい』というメッセージなんです。実刑であるということを強く打ち出しているわけですから、(懲役4年の求刑は)重いといえばかなり重いです。この被告人一人の考えと行動により、多くの人に多大な迷惑を掛けていると、“結果の重さ”というのも加味していると思います」

​​​CMアカウント

​​​​​​


​​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​​​