​ツイッター社の買収取引が完了

 アメリカの実業家、イーロン・マスク氏によるツイッター社の買収取引が完了したと複数のアメリカメディアが報じました。

 複数のアメリカメディアは、関係者の話としてツイッター社の買収取引が27日遅くに完了したと報じました。

​ 買収額は440億ドル=日本円で6兆4000億円余りに上ります。​

 マスク氏は、4月に合意した1株あたり54ドル20セントの価格でツイッター株式を取得したとみられます。

 マスク氏は、ツイッターの最高経営責任者と最高財務責任者を解雇しました。

 サンフランシスコにあるツイッター本社にいたこの2人は、買収完了時に退出を促されたということです。

 ツイッター側は、7月に買収契約の破棄を表明したマスク氏を相手取って起こした訴訟を取り下げるとみられます。

​​​CMアカウント

​​​​​​


​​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​​​