​飛行機内で“マスク着用拒否”

マスク不着用「誇りに思う」

飛行機内でマスクの着用を拒否し客室乗務員にけがをさせ、運航を妨げたなどの罪に問われている男の裁判があり、検察側は懲役4年を求刑しました。

元大学職員の奥野淳也被告(36)は、おととし9月、釧路発・関西空港行きの飛行機の機内で客室乗務員にマスクを着けるよう求められたものの拒み、客室乗務員の腕をねじり上げるなどしてけがをさせ、緊急着陸させたなどの罪に問われています。

きょうの裁判で検察側は「マスク不着用に名を借りて我欲を押し通し、日本全国で乱暴狼藉に及んだ」として、懲役4年を求刑しました。弁護側は「乗務員の職務を妨げる行為には当たらない」と主張。

奥野被告は「機内でマスクをつけなかったことを大変誇りに思います」などと述べ、無罪を主張しました。

​​​CMアカウント

​​​​​​


​​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​​​