「ザ・ドリフターズ」のメンバー、仲本工事さん(81)が18日午前、横浜市内で車にはねられ、意識不明の重体です。

 18日午前9時10分ごろ、横浜市西区浅間町5丁目で「乗用車と歩行者の接触事故があった。歩行者が顔から出血している」と119番通報がありました。

 警察などによりますと、仲本さんが交差点を1人で歩いて横断していたところ、横浜市の男性(73)が運転するワンボックスカーにはねられたということです。

 警察官が駆け付けた時、仲本さんは車の右前あたりにほぼ意識がない状態で倒れていたということです。

 仲本さんは意識不明の重体で、搬送先の病院で手術を受けています。

 事故現場は横断歩道や信号のない交差点でした。片側2車線の道路の右折レーンが始まる付近で、横断は禁止されていました。

 はねた車は福祉施設のもので、運転手の他に高齢者も乗車していましたが、けがはなかったということです。

 警察は運転手の男性から詳しい状況を聴いています。

 現場は、相鉄線の天王町駅から北東におよそ400メートル離れたマンションや飲食店が並ぶ地域です。

 事故を受け、仲本さんが所属する「イザワオフィス」がホームページ上でコメントを発表しました。

 「弊社所属タレント仲本工事(本名=仲本興喜)が、令和4年10月18日午前中、交通事故に遭い、現在神奈川県内の病院で治療を受けております。突然の事態に、ご親族、ザ・ドリフターズのメンバー、我々事務所スタッフ一同、非常に大きなショックを受けております。治療の経過につきましては、都度弊社WEBページにてご報告をさせていただきますので、当面の間、取材はお控えいただきますようお願い申し上げます」

​​​CMアカウント

​​​​​​


​​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​​​