日銀・黒田総裁「金融緩和を継続することは適当」

円安が止まりません。先週、32年ぶりの円安水準を更新した円相場は、きょうも1ドル=148円台後半で取引されています。中継です。

週明け月曜日の外国為替市場では1ドル=148円台後半で推移していて、いよいよ、次の大きな節目である150円台を伺う状況になっています。

日本銀行 黒田東彦総裁
「物価安定の目標を持続的安定的に実現することが必要であり、金融緩和を継続することは適当であると考えています」

急速な円安の要因は日本とアメリカの金融政策の違いですが、日本銀行の黒田総裁は先ほど、現在の金融緩和を継続する意向を改めて示しました。

一方で、アメリカのバイデン大統領は15日に「ドル高は懸念していない」と話していて、アメリカの金利の引き上げから始まった円安の流れは変わりそうにありません。

市場関係者は「1ドル=150円台の節目は間近だろう」としたうえで、「政府・日銀が為替介入することへの警戒感が一層高まっている」と話しています。

​​​CMアカウント

​​​​​​


​​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​​​