​頭や首…全治2週間のけが​​

愛くるしい姿が人気のカピバラ。
9月27日、群馬県のサファリパークにカピバラを見に来ていた6歳の女の子が、首などをかまれ、けがをする事故が起きた。

現場となったのは、パーク内の一角にあるカピバラと触れ合えるコーナー。

事故当時、柵の中には4匹のカピバラと女の子の家族4人がいて、家族のうち3人が餌を与えていた。

女の子は、カピバラを怖がり、家族の後ろに隠れていたという。

ところが、1匹のカピバラが突然、女の子に襲いかかったという。

当時、飼育員は立ち会っていなかった。

女の子は頭や首などをかまれ、9針を縫う全治2週間のけがをした。

かんだのはメスのカピバラ「ピノ」(8歳・メス)。

4匹いるカピバラで唯一のメス。
一般的なカピバラの体長は120cm前後あり、ネズミなどのげっ歯類の中で世界最大の大きさ。

カピバラを飼育するいくつかの動物園によると、カピバラは、仲間同士の縄張り争いが激しい動物。

大きな前歯でかみつくなどして、相手が死ぬまで戦うこともあるという。

ただし、基本的には温厚な草食動物のため、人間を襲うことはなく、餌やりの際、まれに指をかまれるくらいだという。

では、なぜ今回、カピバラは女の子を襲ったのだろうか。

群馬サファリパークの園長は、かみついた理由をこう推測する。

群馬サファリパーク・北村昭二園長「発情のからみですとか、ホルモンの(バランスとか)、そういう時期に来ているのかなと推測しているんですけど、実際のところはわかりかねる部分もあるので」

カピバラは繁殖期になると気性が荒くなるものの、その時期は決まっていないため、判断が難しいという。

観光客「そんな例が今までなかったのに、かみついちゃったの? 怖いですよね」

事故を受け、群馬サファリパークはカピバラの餌やりを中止し、柵の外からの観覧に変更するなどの再発防止策を講じている。

​​​CMアカウント

​​​​​​


​​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​​​