​​
江戸川で発見の遺体 死後数日経過か​​

 千葉県市川市の江戸川で4日、幼い子どもとみられる遺体が見つかりました。遺体の状況から少なくとも死後、数日が経過していることが分かりました。

 4日午後0時半ごろ、市川市の江戸川の水門付近で女性の遺体が見つかりました。

 捜査関係者によりますと、遺体は幼い子どもとみられ、Tシャツとズボンを身に着けていましたが靴は履いていませんでした。

 また、先月23日から行方不明になっている松戸市の小学1年・南朝芽さん(7)と服装がほぼ同じで、遺体の状況から死後、少なくとも数日が経過していることが分かりました。

 警察は遺体を司法解剖して死因を調べるとともに、身元の特定を急いでいます。

 また、江戸川の河川敷では今月5日も警察による捜索が続けられています。

​​​CMアカウント

​​​​​​