山口県下関市で会社の倉庫が倒壊した事故で、8日、現場の実況見分が行われました。この倉庫を所有する社長によると、崩れた建物は1970年に建築されたといい、「老朽化が原因の1つではないかと思う」と話しました。

山口県下関市で起きた倉庫倒壊の現場は、いまだガレキが山積みとなっていました。8日は朝から、警察と消防による実況見分が行われていました。

事故が起きたのは、7日午後1時すぎ。卸売業者「辻豊」の倉庫兼作業所で、3階建ての建物の一部が倒壊し、車7台がガレキの下敷きになりました。

事故の目撃者
「すごい砂煙と、下にもう車がつぶれていたので、崩れた瞬間はずっと(車の)クラクションがなっていた。中から『助けてくれ』って」

下敷きになった車の中には、昼休憩をとっていた3人の従業員が乗っていて、樋口善彦さん(55)の死亡が確認されました。男性2人が骨折などのケガをしました。

7日夜、会見に応じた辻豊の辻賀光社長は「深くおわびを申し上げますとともに、亡くなられた従業員のご冥福をお祈り申し上げます。大変、申し訳ありませんでした」と述べました。

辻社長によると、崩れた建物は1970年に建築され、翌年に増築したということです。雨漏りやヒビが入ってたところがあり、半年から8か月前に修理したばかりだったといいます。建て替えも検討していたものの、金銭的な問題もあり、先送りしていたということです。

辻豊 辻賀光社長
「建物の老朽化が、原因の1つではないかと思っております。今回のようなことが起きたのは、会社の責任だと思います。『建て替えを考えなければいけなかった』と思っております。今思うとですね…」

警察は実況見分で、破損状況などについて詳しく調べ、慎重に捜査を進める方針です。

​​​CMアカウント

​​​​​​


​​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​​​