サル痘の新規感染者が3日間で1300人以上
アメリカで公衆衛生の非常事態を宣言

アメリカ政府は、サル痘の感染が急速に拡大しているとして公衆衛生の非常事態を宣言しました。これにより連邦政府の資金を投入しやすくし、ワクチンの提供や治療薬の開発などを加速させる方針です。

アメリカでは、世界で最も多い7000人を超えるサル痘感染者が確認されていて、4日までの3日間で1300人以上が新たに感染。感染リスクの高い人は160万人にのぼるとみられています。

​​​CMアカウント

​​​​​​


​​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​​​