母親:「1人で背負っていたのかなと思うと、親として非常に苦しいものがあります」

 警察官がパワハラを受けて拳銃で自殺したことについて、警察の過失が認められました。

 古関巡査の母親:「1人で背負っていたのかなと思うと、親として非常に苦しいものがあります」  6年前、神奈川県警泉署に勤務する古関耕成巡査(当時25)が署内のトイレで拳銃を使って自殺しました。

 遺族は上司などからパワハラがあり、精神が不安定だった男性に拳銃を持たせたことは安全配慮の義務違反だとして、約5500万円の損害賠償を求めて提訴していました。

 横浜地裁は今月29日午後の判決で遺族側の主張を認めました。

​​​CMアカウント

​​​​​​


​​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​​​