都内で感染者を確認

25日、日本で初めて「サル痘」の感染者が確認されたことを受けて、25日午後、東京都の小池知事が記者団の取材に応じました。

サル痘とは

サル痘は、サル痘ウイルス感染による急性発疹性疾患である。 感染症法では4類感染症に位置付けられている。

主にアフリカ中央部から西部にかけて発生しており、自然宿主はアフリカに生息するげっ歯類が疑われているが、現時点では不明である。

潜伏期間は通常7~14日(5~21日)とされる。

サル痘の症状

サル痘に感染してから5-21日間(平均12日間)の潜伏期間を経て、発熱、強い頭痛、リンパ節の腫れ、筋肉痛、強いだるさで発症します。

発症から1-3日後には水疱(みずぶくれ)が顔に出現し、やがて全身に広がります。 水疱は顔以外では特に手のひらや足の裏にできやすく、口の粘膜や眼、生殖器にも出現します。

​​​CMアカウント

​​​​​​


​​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​​​