32歳女「子ども殺せば死刑に」商業施設で中学生を切り付ける

 “殺人未遂”で逮捕

 17日、福岡県のショッピング施設で突然、中学生が首を切り付けられる事件がありました。逮捕された32歳の女は「子どもを殺せば死刑になると思った」と話しています。

■商業施設で切り付け…殺人未遂の疑いで女逮捕

 大勢の客の前で取り押さえられる女。身柄を確保され全く動かない女のすぐそばには、女から取り上げたという鋭利な刃物を持つ店員の姿があります。

 17日、事件が起きたのは福岡の商業施設「ゆめタウン博多」。家族と買い物に来ていた13歳の男子中学生が突然、32歳の女に包丁で首を切り付けられました。

 目撃者:「お母さんが叫んでいた。『危ないから逃げて!』と。ただ事じゃないと思ってみたら、飲食店の人が包丁を取り上げていた」

 警察によりますと、女はその場で中学生の父親に取り押さえられたといいます。

 警察は殺人未遂の疑いで粕屋町の無職・浦田恵美容疑者を逮捕しました。

 浦田恵美容疑者:「男の子の首を刺そうとしたことは間違いありません。子どもを殺せば死刑になると思った」

 中学生は首と左手を切られましたが軽傷で、意識はあるということです。

​​​CMアカウント

​​​​​​


​​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​​​