契約破棄は債務不履行

ツイッター側に違反があったとして契約を突如、撤回しました。

 アメリカのツイッターは、買収契約を破棄したのは債務不履行だとして起業家のイーロン・マスクさんを提訴しました。

 イーロン・マスクさんは、トランプ元大統領のアカウント凍結などに反対し、自由な言論空間を求めてツイッターをおよそ5兆9000億円で買収する予定でした。

 しかし先週、ツイッター側に違反があったとして契約を突如、撤回しました。

 ツイッターは12日、債務不履行だとして買収を完了させるよう裁判所に提訴しました。

 訴状によりますと、マスクさんが保有するテスラ株が下落したため態度を一変させ、契約直後に合意を破り、ツイッター幹部が左翼思想にまみれていると批判を繰り広げたと主張しています。

 マスクさんは、提訴直後「おっと皮肉だね」とツイートしています。

​​​CMアカウント

​​​​​​


​​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​​​