女性従業員を人質に32時間

​​​2021年、インターネットカフェで女性従業員を人質に立てこもり、けがをさせた罪などに問われている男に、検察は懲役20年を求刑した。 林一貴被告(41)は、2021年6月、さいたま市内のインターネットカフェで女性従業員を人質に取って、およそ32時間立てこもり、けがをさせた逮捕監禁致傷などの罪に問われ、起訴内容を一部否認している。

12日の論告で検察側は、「過去に類を見ない悪質な犯行」と指摘し、懲役20年を求刑した。 弁護側は「部屋から出ていくことは可能だった。

懲役5年が妥当」と主張した。 判決は7月20日に言い渡される予定。

​​​CMアカウント

​​​​​​


​​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​​​