広がった“白い煙”に短い銃に注目 

#TBSニュース
#安倍元総理銃殺事件

7月8日、安倍元総理銃殺の際に使われたのは、容疑者が作ったとされる銃でした。銃砲店は「銃弾も自分で作った可能性を指摘しています。

■演説開始から銃撃まで約2分 山上容疑者の動きとは

銃撃事件があったのは、奈良市の近鉄・大和西大寺駅前。安倍元総理は、ガードレールに囲われたところで演説していた。

日下部正樹キャスター
「事件から既に1時間半が経ちましたけど、現場は黄色い規制線が張られていて、周りを多くのメディア、市民たちが取り囲んでいます。銃撃事件があった道路では、警察による鑑識作業が続けられています」 

演説が始まったのは、7月8日午前11時半ごろ。演説開始から、約2分後に起こった銃撃事件までをビデオカメラで撮影していた男性がいた。

日下部キャスター
「どんな音でしたか?」  
   
撮影していた男性
「バーンという音。破裂するような、タイヤがパンクしたような」

聴衆に拍手で迎えられた安倍元総理。

この時、後ろには、短く拍手する山上徹也容疑者の姿も写っていた。しかしその目線の先は、安倍元総理ではなく、周囲をうかがっている様子が見てとれる。

日下部キャスター
「安倍元総理は、当時、ガードレールの中に赤い箱がありますけど、あの箱はもうちょっと真ん中のほうに置いてあって、その上に立って、演説をしていました」 

箱の高さは数十センチ。それほど高い演台ではない。演説開始から1分10秒ほど、山上容疑者が動いた。

それから、1分あまり。銃声が2回鳴り響き、画面が乱れ、次に映ったのは山上容疑者が取り押さえられる瞬間だった。

「救急車!!」

山上容疑者は、その後、抵抗する様子を見せなかった。路上には犯行に使われたとみられる銃が落ちていた。

山上容疑者は、どうやって安倍元総理に近づいたのか。

目撃者の男性
「ササっと来て、瞬間に何?と思って。道路で構えていたわけだから、その瞬間すぐにドーンって音が鳴ったので、躊躇なく普通にやってましたね。普通の表情をしていました。何かおかしなことを叫んでいる風でもなかったし」 

目撃証言などを総合すると、山上容疑者はしばらく演説を聞くと、移動を開始。後ろから近づいて1発目を発砲。振り向いた安倍元総理に2発目を撃ち、命中したと見られている。

目撃者の女性
「ずっと心臓マッサージをされていたので、倒れたっきりだった。目撃した女子高生は、“血があった”って言っていました。“首から胸にかけて血が出ていた”と」  

その場で心臓マッサージを受け、現場から救急車で搬送された後、ドクターヘリで病院に移された。

病院には、東京から昭恵夫人も駆け付けたが、午後5時3分、死亡が確認された。

奈良県立医科大学附属病院の会見 
「頸部に2か所銃創があり、(弾丸が)胸部に心臓大血管にたどり着いたため、心臓大血管が損傷し出血したということです。弾丸による心損傷、大きな穴、心臓の壁に空いた穴です」

日下部キャスター
「銃撃事件があったのは(大和)西大寺の駅舎の向こう側、北口ですが、実は6月28日には安倍元総理、反対側の南口でも参院選の応援演説をまさにこの場所で行っていたんです。その時も街宣車の上などではなく、銃撃された時と同じように赤い箱の上に立って、演説を行っていたという目撃証言もあります」 

山上容疑者は、事件10日前の安倍元総理の演説も把握していたのだろうか。     

■元警視総監語る「選挙の警備が最も難しい」 警備に不備は?

安倍元総理が撃たれた現場から、約3キロ離れた住宅街のマンションに住んでいた、山上容疑者。

日下部キャスター
「山上容疑者のマンションの周りには、多くのメディアが詰めかけています。事件現場まで、ここからかなり近いんですね」

地元の県立高校を卒業し、2002年から3年間、“任期付自衛官”として海上自衛隊に勤務していたことが明らかになっている。任期付自衛官は、自衛官の代替要員として、期限付きで採用される。銃の構造や扱い方、実弾射撃の訓練も受けるという。

現場で押収された銃は手製で「春ごろから作り始めた」と供述している山上容疑者。

記者
「被疑者の住むマンションに、爆発物処理班が危険物を確認しに入りました」

事件当日に行われた家宅捜索でも、金属と木製の部品で出来た手製の銃とみられるものが数丁、押収されている。

山上容疑者の供述 
「特定の宗教団体に恨みがあり、その宗教団体と関係がある、安倍元総理を狙って撃った。安倍元総理が奈良に来ると知り、きょう(8日)犯行を決意した」

事件前日に急遽決まった安倍元総理の演説。山上容疑者は、その日程をホームページで確認し、犯行に及んだという。

警備態勢に不備は無かったのか。元警視総監の池田克彦氏に聞いた。

日下部キャスター
「急遽(場所が)変更になった場合の警備の難しさはどういうところにありますか?」

池田克彦元警視総監
「場所の特性を、どこまで把握できるかというところですね。どこのポイントに人を配置するかは、実際の場所を見て決めますので。そういうのが急遽の場合、完全に出来るかどうか…

​​​CMアカウント

​​​​​​


​​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​​​