防犯カメラ映像から割り出す

6月30日、神戸市中央区の地下街で男性会社員が刃物で切りつけられてけがをした事件で、警察は65歳の男を逮捕しました。

 傷害の疑いで逮捕されたのは、住所不定・無職の田尾寿容疑者(65)です。警察によりますと、田尾容疑者は6月30日午後0時半ごろ、JR神戸駅前の地下街で男性会社員の右肩をカッターナイフで切りつけて軽傷を負わせた疑いがもたれています。

 防犯カメラの映像から容疑者を割り出し、30日午後6時すぎにメリケンパーク付近の路上で発見したということです。田尾容疑者と男性に面識はなく、調べに対して「にらまれた気がしてカッとなった」と容疑を認めているということです。

​​​CMアカウント

​​​​​​


​​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​​​