首都キーウにミサイル攻撃

ウクライナの首都・キーウで26日、ロシア軍によるものとみられるミサイル攻撃があり、住宅などが被害を受け、1人が死亡した。

地元の議員などによると、キーウに14発のミサイル攻撃があり、一部は撃ち落としたが、残りは住宅や幼稚園などに落ちたという。

住宅は7階から9階が被害を受け、7歳ぐらいの女の子が救助されたが、がれきの下から父親とみられる遺体が見つかったという。

キーウのクリチコ市長「建物は破壊され、がれきの下からまだ人の声が聞こえる。消防士が対応中だ」

また、東部ルハンスク州のセベロドネツクについて地元の市長は、ロシア軍に掌握されたと明らかにした。

ウクライナ軍は、高台に位置する隣接の街・リシチャンシクに移動し、態勢を整えるとしている。

ウクライナのゼレンスキー大統領「セベロドネツクなどすべての都市を取り返す。どれだけ攻撃されてもウクライナの人の魂は壊せない」

こうした中、ロシア国防省は、ショイグ国防相がウクライナに入り、戦況の報告を受けたと発表した。

ロシア側は、軍事作戦が順調だとアピールする狙いがあるとみられる。

​​​CMアカウント

​​​​​​


​​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​​​