“女性を暴行”映像が中国で大炎上

「地元警察が後ろ盾に」訴えも

 食事中の女性が男らに殴る蹴るの暴行を受けた事件の映像がSNSで出回り中国全土で大きな波紋を広げています。これまで同様の被害に遭ったにもかかわらず泣き寝入りを強いられたという訴えが相次ぎ批判の矛先は警察当局にも。

 問題の動画は中国・河北省の「串焼き店」で撮られました。左上の女性グループに男が声を掛けているようです。

 声を掛けた男:「向こうにいる女、後で外に連れ出そう」

 この直後でした。男が女性の背中に手を置いたのです。すると・・・。

 女性:「何すんのよ!」

 この大乱闘が地元警察の「思わぬ実態」を暴きました。

 SNSへの投稿:「(地元警察は)犯行グループを野放しにし後ろ盾になっています」

 10日未明、河北省最大の工業都市、唐山で起きた事件。

 ちょっかいを出した男を女性の仲間が反撃すると・・・店内は大乱闘になりました。

 男は男女9人のグループで来店。外にいた仲間は騒ぎに気づくと店内になだれ込みました。そして・・・。

 男の仲間:「出てこい」

 女性の友人:「何してるのよ!」

 こうした様子は事件のおよそ50分後にはインターネットに投稿され、拡散しました。すると、思わぬ結果が。

 12日、唐山の広場に集まった無数の警察官。警察車両も所狭しと並べられました。

 なぜこんなことに・・・。実は串焼き店での事件後、インターネットには「唐山で同様の被害を受けた」という投稿が相次いでいます。

 ケーキ店では。

 ケーキ店を営む男性:「きょうは実名でヤクザグループの悪事を暴露します。彼らは去年7月以降、20回近く店や家に来て嫌がらせをしました」

 女性は「バーに連れ込まれ、監禁された」と訴えています。

 監禁されたと動画で訴える女性:「ヤクザのグループは携帯電話などを取り上げ、私たちを殴ったりしました」

 彼らはいずれも「警察が対応をしなかった」と訴えています。そんななか、監禁された女性には警察から、こんな要請が来たといいます。

 警察関係者:「おねえちゃんよ、もうお願いだからその動画を削除して下さい。上層部も見ているし、市の幹部も見ている」

 追い込まれたからでしょうか。警察は広場でパフォーマンスをしました。

 手のひらを返したように串焼き店での事件で男女9人を逮捕。さらに1年も放置されていたケーキ店と監禁事件についても、わずか2日で容疑者を逮捕したとしています。

​​​CMアカウント

​​​​​​


​​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​​​