東名あおり”死傷事故

5年前、東名高速で起きた「あおり運転」の死傷事故のやり直し裁判で、危険運転致死傷などの罪に問われた石橋和歩被告に判決が言い渡されました。横浜地裁は争点となっていた危険運転致死傷罪の成立を認め、懲役18年の実刑を言い渡しました。

6日午後1時半、裁判長から「主文、被告人を懲役18年に処する」と判決が言い渡されました。求刑通り、懲役18年の判決です。黒いスーツで出廷した石橋和歩被告(30)は、落ち着いた様子で判決を聞いていました。

   ◇◇◇

2017年6月、石橋和歩被告は東名高速で「あおり運転」をし、萩山嘉久さん(当時45)と妻の友香さん(当時39)が乗る車を停車させた上で、後続のトラックに追突させ死亡させたなどとして、危険運転致死傷の罪などに問われています。

2018年に横浜地裁で行われた一審では、危険運転致死傷罪の成立を認め、懲役18年の判決でした。しかし、石橋被告側が控訴して行われた2019年の裁判で、東京高裁は「原判決を破棄する。本件を横浜地方裁判所に差し戻す」と判決を言い渡し、横浜地裁の裁判前の手続きに問題があったとして、異例ともいえる裁判の“やり直し”を命じていました。

今年1月、初公判は横浜地裁に戻され、再び行われました。最大の争点は「石橋被告のあおり運転があったのかどうか」です。

この時、起訴内容について、石橋被告は「自分は事故になるような危険な運転はしていないし、人が亡くなったりケガをするようなこともしていません」と述べ、危険な運転はしていないと無罪を主張し、弁護側も「これは悪質で危険なあおり運転ではありません。交通法規無視のトラックが、路上の人を見落とした。そういう事件です」と主張しました。

一方、検察側は、石橋被告の車が萩山さんの車の前に割り込むなどのあおり運転を行ったため、高速道路上で停車を余儀なくされ、追突事故が起こったと主張しました。

   ◇◇◇

6日の判決を前に、嘉久さんの遺族が苦しい胸の内を語りました。

嘉久さんの親族
「(石橋被告は)言っていることが前回とぶれているところもあるし、反省をしていないと思う。裁判が続いていくと、過去を振りかえって、つらい気持ちに戻るので早くけりをつけたい」

   ◇◇◇

異例のやり直し裁判で、危険運転致死傷罪が成立するのか。6日、横浜地裁は「石橋被告のあおり運転は、萩山さんの冷静な判断を困難にさせ、高速道路上に停車させる行為を選択させた。トラックが追突した死傷事故は、あおり運転の危険性が現実化したものと言える」などとして、事故は、石橋被告のあおり運転によって起きたと認め、危険運転致死傷の罪が成立すると判断し、懲役18年の判決を言い渡しました。

裁判後、取材に応じた石橋被告の弁護士は、「本人と話し、即日控訴する方針」だということです。

「あくまでも自分は悪くない」

自分ルールのは通用しない、そのための道路交通法

​​​CMアカウント

​​​​​​


​​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​​​