【難病と生きる】
家族の愛と葛藤の20年
支えた”人々との出会い”

#日テレニュース

1000万人に1人の病といわれている難病、高IgD症候群と闘ってきた連也さん、20歳。

生まれたときから、発熱、全身を襲う痛み、吐き気…自由に歩くこともできず、車いす生活。

当時、薬の副作用で身長は80センチでとまったままでした。そして今…。

どんなに苦しくても前を向き、懸命に生きる家族。

そこには、人との出会いを大切にしながら、新たな世界に挑戦する姿がありました。

​​​CMブログ

​​

​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​