「誰にも同じ思いをしてほしくない」
息子を亡くした父の思い
8人死亡雪崩事故から5年

栃木・那須町で、登山の講習中に高校生ら8人が死亡した雪崩事故から27日で5年。

息子を亡くした父親は、事故の教訓を伝える取り組みを続けている。

26日午前、栃木県立大田原高校では、県と遺族会の合同で雪崩事故の追悼式が行われた。

2017年3月27日、那須町のスキー場付近で雪崩が発生し、登山の講習中だった大田原高校の山岳部員7人と教師1人が巻き込まれ、死亡した。

16歳で命を落とした奥公輝さん。

父親の勝さんは、今でも息子を失った悲しみにさいなまれている。

亡くなった公輝さんの父・奥勝さん「目を覚ました瞬間に毎朝思っていますよ。きょうも公輝いないんだなって。また公輝のいない1日が始まるんだな、いまだに思っています」、「あれは自然災害でも何でもなく、雪崩が起きる場所にわざわざ連れて行かれて起きた。人災だと思っている」

事故をめぐっては、勝さんら遺族が2月、「雪崩発生を予見できたにもかかわらず、登山講習会を中止しなかった」として、栃木県などに賠償を求める訴えを起こしたほか、引率した教師3人が業務上過失致死傷の罪で在宅起訴された。

勝さんは、事故を風化させないため、登山の危険性を伝える動画を自ら制作し、SNSで発信を始めた。

亡くなった公輝さんの父・奥勝さん「息子のことだけは、中途半端にしておくわけにいかないし、執念で作ったんだなって」、「(元通りの学校生活に)早く戻そうってそればかり言われていて、再発防止策もおざなりになっていて、なかったことにされそうな恐怖をものすごく感じた」

追悼式にあわせて、26日、新たに「那須雪崩事故を忘れない」と刻まれた慰霊碑が設置された。

「誰にも同じ思いをしてほしくない」、その思いを胸に勝さんは事故の教訓を伝え続けている。

​​​CMブログ

​​

​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​