#TBSニュース

八街小学生5人死傷事故裁判
飲酒のトラック運転手に懲役14年判決
千葉地裁

千葉県八街市で、小学生の列にトラックで突っ込み、児童5人を死傷させた罪に問われているトラック運転手の男に対して、千葉地裁は懲役14年の判決を言い渡しました。

トラック運転手の梅沢洋被告(61)は去年6月、酒を飲んだうえでトラックを居眠り運転し、八街市で下校途中の小学生の列に突っ込み、児童5人を死傷させた危険運転致死傷の罪に問われています。

千葉地裁はきょうの判決で、「おととし、取引先の従業員から酒臭さを指摘されて以降も『自分は事故を起こさない』と考えて酒を飲んで運転を続けていた」と飲酒運転が常態化していたことを指摘。

「運転に臨む態度としては最悪で、強い非難に値する」として、懲役14年の判決を言い渡しました。

​​​CMブログ

​​

​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​