​​​

​​​直木賞受賞作品​​​
​​​黒牢城​​
「おぬしならばこの曲事を解ける」
本能寺の変より四年前、天正六年の冬。
織田信長に叛旗を翻して有岡城に立て籠った荒木村重は、
城内で起きる難事件に翻弄される。
動揺する人心を落ち着かせるため、村重は、土牢の囚人にして
織田方の軍師・黒田官兵衛に謎を解くよう求めた。事件の裏には何が潜むのか。
戦と推理の果てに村重は、官兵衛は何を企む。

​米澤穂信[ヨネザワホノブ]​
978年岐阜県生まれ。2001年『氷菓』で
第5回角川学園小説大賞奨励賞(ヤングミステリー&ホラー部門)を受賞してデビュー。
11年に『折れた竜骨』で第64回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)、
14年には『満願』で第27回山本周五郎賞を受賞。『満願』および15年発表の『王とサーカス』は
3つの年間ミステリ・ランキングで1位となり、史上初の2年連続三冠を達成した。

​​​CMブログ

​​

​​​グレート・モノノケ公式HP​​

​​

​​​