​​ クリスマス休戦 ​​

第一次世界大戦中の1914年12月24日から12月25日にかけて
西部戦線各地で生じた一時的な停戦状態である。
この日、最前線で対峙していたドイツとイギリスの兵士たちが
共にクリスマスを祝ったと伝えられている。​​

クリスマス休戦が発生したのは、第一次世界大戦勃発から
およそ5ヶ月が過ぎた1914年12月のことである。
戦争が予想よりも長期化しつつあったことから、
この頃までにいわゆる「持ちつ持たれつ」(Live and let live)の
雰囲気が前線に広まっていた。
すなわち、戦死者の回収および埋葬や塹壕の修復などの作業を行う際、
互いに短期間の停戦を行うという認識が暗黙の内に生まれていたのである。
また、戦争の長期化は備蓄物資の枯渇も招いており、両軍とも春までは本格的な
軍事作戦を停止すると決めていた。

​​​CMブログ
​​
​​​グレート・モノノケ公式HP​​
​​