​​
​​​モノノケTV​​
「原爆を投下した時、私は B29 に乗っていた。
そしてその光景を映像に残した」
​ハロルド・アグニュー​

ハロルド・メルビン・アグニュー (Harold Melvin Agnew, 1921年3月28日 – 2013年9月29日)​
アメリカの物理学者。
広島に原爆を投下した飛行機に科学観測員として同乗したことで有名であり、
後にロスアラモス研究所の3代目所長となった。

1942年、シカゴ大学の冶金研究所に参加し、世界で初めての原子炉であるシカゴ・パイル1号の建設を援助した。 1943年、ロスアラモス研究所に参加しコッククロフト・ウォルトン回路で研究を行った。 戦後は、シカゴ大学に戻り、エンリコ・フェルミの下で卒業研究を完成させた。

1949年にロスアラモスに戻り、1954年のビキニ環礁でのキャッスル・ブラボー核実験に取り組んだ。 1964年に核兵器技術課の長になった。 また、1955年から1961年にかけて民主党に所属しニューメキシコ州の上院議員もつとめ、 1961年から1964年まではNATO最高連合軍司令官の科学顧問(SACEUR)をつとめた。 1970年からロスアラモス研究所の所長をつとめ、 1979年にゼネラル・アトミックスの社長及び最高経営責任者に就任するために辞任した。 2013年9月29日、カリフォルニア州のソラナビーチにある自宅で亡くなった。

​​​グレート・モノノケ公式HP​​
​​